障がい者支援施設えすの里
HOME > 就労継続支援B型

就労継続支援B型について

目的

就労継続支援B型(非雇用型)とは、障がい者で一般企業等での就労を希望しているが自信がない、仕事をすることで社会的自立を目指したい、就労継続支援B型は障がい者の方に働く場を提供し、就労に必要な知識や能力の向上に必要な訓練と支援を行う。

就労継続

対象者

就労を希望する障がい者の方に、就労にあたっての知識・技術の向上・職場体験や、その他の活動の場と機会を提供、就労につながる訓練と支援を行う。

例えば

  • 就労経験があり年齢や体力の面で、一般企業に雇用されることが困難な方。
  • 就労移行支援事業を利用していたが、就労継続支援B型の利用が適当と判断された方。
  • 上記に該当しない方で、近くに就労できる企業や、A型事業所による雇用の場が乏しく、または就労移行支援事業者も少なく、利用することが困難と市町村が判断した方。

サービス内容

  • 自治体や企業からの受託および自主製品製造販売。
  • 一般就労に必要な知識・能力の向上が見られる方で、一般就労への移行に向けて企業実習・求職活動等の支援を行う。

就労継続支援B型事業のご案内

訓練種目

  1. 自主製品の製造販売。
    (マンゴー栽培・農作物・弁当販売・門松製作販売・その他)
  2. 社会的自立に向けて生産活動と共に、地域生活を営むために必要な
    訓練、余暇活動。
  3. 一般就労に必要な知識・技術のスキルアップ・マナーの訓練
  4. 職場実習の機会の提供

事業概要

  • 事業の種類:就労継続支援B型(非雇用型)
  • 営業日  :月~金曜日を基本とする
    ※(但し、国民の休日・12月29日〜1月3日を除く)
  • 営業時間 :午前8時30分〜午後5時30分
  • 定員   :14名
  • 利用期間 :制限なし