障がい者支援施設えすの里
HOME > 生活介護

生活介護について

目的

生活介護事業とは、利用者が自立して日常生活おくり、社会生活を営むことができるよう支援するサービスです。

利用者に対しては、食事、入浴、排せつ、日常生活するうえで安定した生活を営むように介護支援をサポートし、また、創作活動や生産活動の機会も提供します。

生産活動

対象者

障がい程度区分3以上(50歳以上は2以上)の方で、毎日充実した生活を過ごし、生活介護などの支援を希望される方。

サービス内容

  • 食事や入浴、排せつ等の介護。
  • 日常生活上の支援。
  • 生産活動の支援。
    (安全面や利用者への負担、効率等を配慮したもの)

事業概要

  • 事業の種類:生活介護事業
  • 営業日  :月曜日から金曜日
  • ※(但し、国民の休日・12月29日〜1月3日を除く)
  • 営業時間 :午前9時00分〜午後5時00分
  • 定員   :40名
  • 利用期間 :期間なし

生活介護事業のご案内

生活介護

障がいをもった方に、必要な日常生活上の支援をしつつ、自立促進、生活の質の向上を図ることができるよう、創作的活動または、生産活動の機会の提供、軽作業の支援をしています。

軽作業01 軽作業02 軽作業03

生産活動

生産活動は、農作物栽培と加工作業のことを言います。障がい者の方の能力・適正に応じ作業を振り分け、職員と共同で進めていく作業訓練です

生産活動1 生産活動2 生産活動3 農作物加工1 農作物加工2 農作物加工3

えすの里でつくる農作物と、企業から受託した加工作業を中心に訓練をします。※利用者の能力・適正に応じ作業内容を決定。

  • ニラの仕分け作業(受託作業)
  • ローゼル栽培・加工
  • 島ラッキョウ栽培・加工
  • もやし仕分け作業
  • ニンニク植え付け栽培(受託作業)
  • その他