障がい者支援施設えすの里
HOME > 歴史・沿革

えすの里の歴史・沿革

1993年10月1日えすの里は沖縄県の大宜味村津波に開所致しました。
施設では、生活面だけでなく熱帯果樹の栽培、園芸など大宜味村の特性を活かした生活支援・自立訓練を行っています。

歴史・沿革
1993年10月 えすの里開所 利用者50名・職員20名でスタート
1994年 6月 一心福祉会大運動会 えすの里・一心療護園合同
1995年 1月 えすの里成人祝い・生年合同祝い
1995年 7月 えすの里線開通
1996年 2月 ナイスハートバザールイン沖縄(沖縄三越会場)
1997年10月 えすの里第一回宿泊旅行
1997年11月 ナイスハートバザールイン沖縄(沖縄ジャスコ)
1998年 2月 ASEAN研修受入
1998年 7月 えすの里マンゴー出荷
1998年11月 沖縄県ゆうあいスポーツ大会参加
1999年 4月 塩屋湾トリムマラソン大会 48名参加
2000年 9月 九州地区親善球技大会(熊本県)
2001年 6月 宿泊旅行(富士山・富士急ハイランド)
2001年 9月 九州地区親善球技大会(鹿児島)
2002年12月 ゆいフェスティバルin沖縄アピールセレモニー参加
2003年 8月 第9回夏休み木工教室開催
2005年 4月 第27回塩屋湾一周トリムマラソン大会
2006年10月 ゆうあいスポーツ大会参加
2006年11月 障害者自立支援法施行に伴う新体系移行説明会
2007年 1月 成人生年祝
2007年12月 通所事業開始 利用者3名 スタート
2008年 4月 塩屋湾トリムマラソン大会 利用者40名参加
2008年10月 第42回九州地区知的障がい関係施設職員研修沖縄大会参加
2009年 6月 第1回保健指導実施
2009年 7月 九州地区知的障害者関係施設職員研修大会参加
2010年 7月 美ら島クリーンプロジェクト 利用者 11名参加
2010年11月 ゆいフェスティバルうるま市 利用者フラダンス披露
2010年12月 第18回沖縄県ゆうあいスポーツ大会 利用者48名参加
2011年 1月 ゆいフェスティバルin沖縄 利用者22名参加
2011年 4月 塩屋湾1周トリムマラソン大会 利用者45名参加
2012年 4月 新体系移行に基づき「障害者支援施設えすの里」改名
2012年 4月 就労センターえすの里 開所
2012年 4月 グループホーム・ケアホームえすの里 移行