障がい者支援施設えすの里
HOME > イベント > 一心福祉会納涼祭

一心福祉会納涼祭

9月7日法人納涼祭に参加

今年も当施設を運営する一心福祉会「納涼祭」に参加。当日は曇りで小雨も降り心配されましたが、開宴前に虹も広がり天気も快晴。

お祭りでは、家族民踊や参加型の踊りなどプログラムもあり、特に大宜味村青年会の「エイサー」は見物です。
虹虹

会場づくり

会場の準備は2、3週間前から職員や利用者さんで取りかかります。庭の草刈りに始まり、櫓の土台作り、チョウチンなどの飾り付けを順序よく付け会場の整備。
準備準備準備

会場づくりで一番気を遣うのが櫓です。櫓は決められた箇所に部材を繋ぎ合わせ組んで行きますが、経験が浅いと失敗するため、ベテラン職員と相談しながら作業を進め完成させます。

バザー

バザーは各施設で相談して出店。今回えすの里ではドリンクやかき氷を販売しました。朝からお店の準備や下ごしらいに、てんやわんやの大忙しでした。もちろん商品は全て完売です。毎度おおきに!
バザーバザーバザー

納涼祭スタート!

納涼祭は19時にスタート!司会者のカウントダウンで始まり、会場に詰めかけた見物客も一斉に声を出し、祭りの雰囲気を盛り上げる。
祭りスタート

歌・踊り・余興

ステージや広場では、たくさんの歌や踊りが彩り、見物客も参加しながら利用者や職員と一緒になって楽しむ。
余興・踊り 祭りゲスト

エイサー

大宜味村青年会エイサーでは、若者たちが歌やはやしに合わせ、派手なパフォーマンス披露。飛び入り参加もあって会場は一気に最高潮! エイサーエイサーエイサーエイサー

今年も盛り上がった納涼祭

8月に予定をしていた納涼祭、台風の影響で順延となっての開催でしたが、会場には大勢の人が集まり、歌や民謡に合わせて笑顔や笑い声が弾みました。 カチャーシーカチャーシー カチャーシーカチャーシー

利用者さんからは「楽しかった」「また行こうね」と喜びの声も聞かれ、職員も大変嬉しく思い「祭りをやって良かった」としみじみ感じた納涼祭です。

利用者さん・法人職員お疲れ様でした

今年の納涼祭も沢山の方々にご協力して頂きました。実行委員会には日程調整や総合企画など開催に必要な準備をして頂き、無事、納涼祭を成功させる事ができました。お疲れ様でした。
お疲れさまお疲れさまお疲れさまお疲れさま

利用者さんには、イベントや余興にご参加頂き有り難うございました。また来年も宜しくお願いします。